エクセル|例えばセルのコピー・貼り付けをマクロ記録すると

例えばセルのコピー・貼り付けをマクロ記録すると

セルA1:C3を選択してコピー、E1に貼り付けをマクロ記録すると
下記コードのようになると思います。
Sub Macro1()

‘ Macro1 Macro


Range(“A1:C3”).Select
Selection.Copy
Range(“E1”).Select
ActiveSheet.Paste
Application.CutCopyMode = False
End Sub

で、Selectを取ると
  ↓
Sub Test1()
Range(“A1:C3”).Copy
Range(“E1”).PasteSpecial
Application.CutCopyMode = False
End Sub

さらに
  ↓
Sub Test2()
Range(“A1:C3”).Copy Destination:=Range(“E1”)
End Sub

さらに、さらに
  ↓
Sub Test3()
Range(“A1:C3”).Copy Range(“E1”)
End Sub

正確にシート名を指定して
  ↓
Sub Test4()
Worksheets(“Sheet1”).Range(“A1:C3”).Copy Worksheets(“Sheet1”).Range(“E1”)
End Sub

最後にWithステートメントで
  ↓
Sub Test5()
With Worksheets(“Sheet1”)
  .Range(“A1:C3”).Copy .Range(“E1”)
End With
End Sub

と面倒です。
つまりマクロ記録からVBAのコードを作成することはやめたほうがいいです。

by わだまさつか